病院指標

平成28年度 社会医療法人医真会 医真会八尾総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 14 70 77 97 210 346 857 1577 1214 345
入院患者さんの平均年齢はおおよそ70歳前後で推移しています。
70歳以上の患者さんの占める割合は約6割となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 26 9.88 7.61 0.00 63.96  
060150xx03xxxx 虫垂炎 23 9.30 5.60 0.00 50.30  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 12 17.58 15.92 0.00 72.33  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 12 7.58 6.82 0.00 64.08  
060030xx99x3xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 7 10.71 7.86 0.00 82.43  
一般消化器外科領域(消化管、肝、胆、膵)、乳腺の良・悪性疾患、ヘルニアの治療を行っています。
特殊治療として、積極的な腹腔鏡下手術、乳癌に対する縮小手術、肝腫瘍に対するラジオ波熱凝固法、
悪性疾患に対する術前術後の化学療法、緩和医療も行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 4 6.75 7.70 0.00 71.50
020240xx97xxx0 硝子体疾患 4 3.75 7.01 0.00 71.25
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 3 5.33 7.72 0.00 74.33
主に白内障・糖尿病網膜症・硝子体出血・黄斑前膜・黄斑円孔などに対する手術を行っています。
また、全ての症例において全国平均在院日数より短く入院していただいています。
白内障手術は非DPCのため掲載していませんが、昨年度実績では、延べ372名を受け入れています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 100 5.88 4.71 0.00 70.98
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 52 3.94 3.06 1.92 69.60
050130xx99000x 心不全 26 26.12 17.95 3.85 78.23
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 13 19.31 5.85 0.00 76.46
050210xx97000x 徐脈性不整脈 9 39.56 11.38 0.00 79.44
心臓カテーテル検査・冠動脈カテーテル手術をはじめ、末梢血管(下肢・鎖骨下動脈・腎動脈)に対するカテーテル治療、ペースメーカー植込み等を行っています。
また、心不全に対してはEBMやガイドラインに基づいた積極的な治療を行い、生命予後の改善と日常生活が問題なく行えるような医療を目指しています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 90 2.23 3.00 1.11 73.81
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 80 10.14 5.50 3.75 57.70
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 71 42.56 21.25 29.58 83.23
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 55 7.96 7.89 3.64 73.38
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 47 16.00 11.06 2.13 78.55
消化器内視鏡治療をメインとして、大腸ポリープ・早期胃癌・食道静脈瘤・総胆管結石等、また胃瘻造設術や胆石症・肝炎・肝臓癌・膵炎等に対する治療を行っています。
救急対応の必要な消化管出血の内視鏡手術、腸閉塞に対する経鼻内視鏡によるイレウス管挿入術も積極的に対応しています。
また、地域の自宅や施設で在宅医療を受けておられる患者さんも積極的に受け入れておりますので、誤嚥性肺炎などの疾患も多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 143 42.87 27.63 31.47 80.27
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 78 38.38 26.26 10.26 75.40
160760xx97xx0x 前腕の骨折 46 9.00 5.49 0.00 54.26
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 29 28.86 8.30 0.00 56.24
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 28 39.71 24.42 10.71 71.25
脊椎から手・足にわたる整形外科疾患全般に対し幅広く対応しています。
高齢化に伴い、高齢者の骨折(大腿骨頚部・上腕骨頚部・手関節等)が増加しており、当科でも大きなパーセントを占めています。
高齢者の方は合併症を有することが多いため、内科医や麻酔医と連携して積極的に手術を施行し、早期離床・早期リハビリを行うようにしています。
手の外科は、手根管症候群・リウマチ・手指変形性関節症等の慢性疾患と外傷の治療を行っています。また、顕微鏡下の切断指再接着術、関節鏡下の手術も行っています。
足の外科は、外反母趾等の変形・足関節の急性慢性捻挫・変形性足関節症・その他外傷治療を行っています。また、関節鏡下手術も行っています。
平成28年8月より人工関節センターを開設し、より積極的に人工関節(手・指・膝・股関節)の手術を行っています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 29 39.59 21.25 13.79 84.69
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 23 14.35 14.77 0.00 69.00
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 18 20.72 12.43 11.11 78.89
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 16 40.13 37.06 6.25 67.75
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 15 23.40 12.84 0.00 72.53
糖尿病・腎臓病内科・透析センターでは糖尿病合併症の評価や教育目的に加療を行っています。
早期から腎症、透析期と病期に応じ適切な治療を心がけています。
また、急性腎不全・腎炎・ネフローゼ症候群に対する原因精査(腎生検)と加療、慢性腎臓病に対する加療も行っています。
慢性腎臓病に対し、適切な時期での代替臓器(血液透析・腹膜透析・腎移植)への移行を心がけております。
血液透析だけではなく、様々な疾患における特殊血液浄化(持続血液濾過透析・単純血漿交換・二重膜濾過血漿分離交換法・血液吸着)も対応しています。
総合診療科では睡眠時無呼吸症候群の検査・NCPAPの導入を実施しています。
また、地域の自宅や施設で在宅医療を受けておられる患者さんも積極的に受け入れておりますので、誤嚥性肺炎などの疾患も多くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 160 16.58 5.85 0.62 77.81
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 33 4.21 3.20 0.00 67.48
010070xx9910xx 脳血管障害 29 3.93 3.25 0.00 69.28
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 24 16.42 9.87 25.00 78.58
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 23 16.26 16.54 17.39 70.17
脳神経疾患の一般的な診療、脳卒中や頭部外傷などの救急疾患も対応しています。
また脳ドック・認知症・脊椎疾患・てんかん・末梢神経障害・閉塞性動脈硬化症などに対しても幅広く対応しています。
外科手術を担当する脳神経外科と放射線診断や血管内治療を担当する脳血管内治療科による総合的な治療を行っています。
地域的な特性により脳卒中が主な疾患ですが、脳梗塞に対するt-PA療法・急性期血栓溶解療法、外科(脳出血に対する血腫除去/吸引術/脳動脈瘤に対するクリッピング術など)、他に脳腫瘍、脊椎手術、脳動脈瘤コイル塞栓術や頸動脈/鎖骨下動脈ステント術、下肢動脈の拡張術などの血管内手術を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 5 7 9 3 6 1 7
大腸癌 7 10 7 8 11 16 2 7
乳癌 0 1 0 1 0 1 1 7
肺癌 0 0 0 4 0 6 1 7
肝癌 2 4 1 1 1 47 2 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では胃癌・大腸癌・肝癌の患者さんを多く診療しています。
中でも胃癌早期・Ⅰ期、肝癌再発の割合が高くなっています。

注:「初発」とは初回治療を行った場合を指す
注:「再発」初回治療終了後、初回治療後の再発、遠隔転移をきたした場合等を指す

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 33 12.52 54.73
中等症 136 29.26 81.46
重症 25 24.92 86.40
超重症 54 35.65 83.48
不明 0 0.00 0.00
成人市中肺炎とは、成人が日常生活の中で罹った肺炎です(インフルエンザや誤嚥性肺炎を除く)。
当院では中等症以上の患者さんが多く入院しています。
平均年齢が上がるごとに重症度も上がり、在院日数も長期化する傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 9 10.89 80.89 11.10
その他 0 0.00 0.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 99 27.8 75.83 28.57
その他 13 20.69 69.38 4.46
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 3 25.67 74.67 1.75
その他 54 12.11 72.02 1.75
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 16.00 73.00 0.00
その他 2 3.00 70.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 3 11.33 49.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 1 3.00 84.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$脳梗塞の患者さんが占める割合は全体の約6割となっています。
急性期治療後には専門病院へ転院の上リハビリテーションを行う場合も多く、転院率は約3割となっています。
I65$のほとんどは「閉塞性脳血管障害(頸動脈狭窄等)に対するステント留置術」となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 51 4.47 7.76 1.96 66.71  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 39 1.10 2.90 0.00 70.90  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 22 1.23 4.18 0.00 47.32  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 17 5.65 17.35 0.00 71.53  
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 8 2.25 21.50 0.00 78.00  
積極的な鏡視下手術(早期胃癌・早期~進行大腸癌、胆石、総胆管、虫垂炎、鼠径ヘルニア等)を行っています。
また胆石、虫垂炎に対しては単孔式手術を導入し、患者さんの負担軽減を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 468 0.00 1.30 0.00 75.10  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 7 2.00 3.14 0.00 72.71  
K279 硝子体切除術 5 0.40 2.00 0.00 73.00  
 
 
白内障の手術が最も多いですが、硝子体手術も積極的に行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 93 2.17 8.66 3.23 71.00  
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 22 1.36 3.27 0.00 70.73  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 18 3.56 25.28 0.00 74.89  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 6 12.83 26.17 0.00 76.67  
K597-2 ペースメーカー交換術 3 1.67 40.33 0.00 92.33  
虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント術と形成術が主となっています。
患者さんの安楽度や安全性を高めるため、アプローチの方法や使用器材の選択にも細心の注意を払って取り組んでいます。
症候性の徐脈性不整脈に対してはペースメーカー植え込みを行っており、新規には原則MRI撮影が可能な機種を用いています。
消化器科
Kコード   名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 305 0.73 1.76 0.33 68.09  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 58 2.74 20.81 5.17 81.98  
K654 内視鏡的消化管止血術 38 0.89 17.84 18.42 70.21  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 33 37.52 35.21 54.55 83.52  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 27 34.00 44.74 48.15 77.89  
大腸ポリープや大腸腺腫に対する切除術・粘膜切除術が最も多くなっています。
入院当日の手術で翌日退院する1泊2日の入院が基本ですが、前処置のため前日からの入院も受け入れています。
他にも胃癌に対する内視鏡的粘膜下層切除術、内視鏡的胆道手術・胆道ドレナージ術等、肝癌に対する肝動脈塞栓術、食道静脈瘤に対する内視鏡治療等も行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 116 4.96 35.74 27.79 78.51  
K0821 人工関節置換術(膝) 106 1.58 36.79 10.38 74.10  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 58 4.98 33.79 24.14 78.79  
K0462 骨折観血的手術(前腕) (橈骨) 48 3.31 25.94 4.17 63.52  
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨) 42 2.93 16.07 0.00 53.60  
大腿骨頚部骨折に対する手術が多くなっています(骨折観血的手術・人工骨頭挿入術等)。
変形性膝関節症等に対する人工膝関節置換術も前年度より増加しています。
内科
Kコード  名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K610-3 内シャント設置術 24 7.46 24.54 4.17 70.88  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 21 40.57 30.43 61.90 87.62  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 9 38.22 41.33 33.33 83.78  
糖尿病・腎臓病内科・透析センターが主となっていますが、他科医師により手術を実施しています。
主に、血液透析を導入する患者さんに対し内シャント設置術を実施しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 189 1.59 16.21 3.17 77.90  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 23 5.17 21.48 0.00 75.09  
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 16 3.06 16.81 25.00 80.56  
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント) 13 3.77 8.00 7.69 61.38  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 11 6.00 23.00 36.36 67.00  
脳神経外科で最も多いのは血管内手術です。特に下肢血管狭窄・閉塞の患者さんが増えカテーテル手術を積極的に行っています。
頸動脈ステント手術は昔より積極的に治療を行っており、治療実績は有数です。
慢性硬膜下血腫洗浄術は外傷等により硬膜下にできた血腫を洗浄・除去する手術です。緊急手術となる場合もあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 1 2.00
180010 敗血症 同一 9 19.00
異なる 12 25.00
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 16 33.00
異なる 3 6.00
DPCレセプト請求を行った件数等のため、実際の発生数とは異なる場合もあります。
また、入院契機と異なる場合は、他疾患での入院において併存もしくは発症したものとなります。
手術・処置等の合併症の内訳は、人工挿入物のゆるみ・破損・脱臼・感染等が6件、術後の感染症・出血が11件、透析関連が2件でした。
合併症は発生しないように細心の注意を払っていますが、一定の確率で発生します。
更新履歴
2016/09/27
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。
2017/09/28
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。

 

 

 PAGE TOP

社会医療法人医真会グループ
 〒581-0036 大阪府八尾市沼1丁目41番地
 電話 072-948-2500(代)

 

 

© 2017 Ishinkai Group. All rights reserved.