透視診断

フラットパネル搭載型透視診断装置

 シーメンス(ドイツ)製と東芝製の装置,併せて2台入っており救急患者さんが重なった時でも迅速に検査・治療をすることが出来ます。

 フラットパネルとは医療用超高性能デジタルカメラのようなものです。 基本的に画質の劣化が無いことや歪みがほとんど無い,被ばく線量を抑えることが出来るなど優れた特徴があります。

 最近の画像診断機装置は従来のものからこのフラットパネル搭載型へと入れ替わりつつあります。

 多機能で様々な検査・治療で活躍しますが,主に(1)胃や腸のバリウム検査(2)内視鏡を用いた肝臓・胆管などの消化器科系(3)腎臓や膀胱などの泌尿器系(4)関節や脊椎などの整形外科系の検査・治療で使用されます。(それぞれの検査について一部の画像をお示しします) 24時間365日いつでも検査することが出来ます。

 

fluoroscopy_siemens

 

 

11_5_2


UGI:胃バリウム造影検査

UGI:胃バリウム造影検査

B/E:大腸バリウム造影検査

B/E:大腸バリウム造影検査

EST:内視鏡的胆石排出術

EST:内視鏡的胆石排出術

点滴静注腎盂尿管膀胱造影

点滴静注腎盂尿管膀胱造影

逆向性膀胱造影

逆向性膀胱造影

DJ:腎盂尿管カテーテル挿入術

DJ:腎盂尿管カテーテル挿入術

右肩関節腔造影

右肩関節腔造影

脊髄腔造影

脊髄腔造影

 

 

 PAGE TOP

社会医療法人医真会グループ
 〒581-0036 大阪府八尾市沼1丁目41番地
 電話 072-948-2500(代)

 

 

© 2018 Ishinkai Group. All rights reserved.