頭腹部血管造影

頭腹部用バイプレーンフラットパネル搭載型血管造影装置

こちらは頭腹部専用のフラットパネル搭載型血管造影装置です。

 

11_3_1


11_4_1

「頭部血管造影検査」骨の画像と重ね(手術の時わかりやすくするため)、立体的に血管が(赤は動脈,青は静脈)描出されています

動画ダウンロード再生

11_4_2

「内頚動脈ステント治療」 内頚動脈の狭くなっている部分(分岐した左側)にステントという器具を挿入すると血管が広がっている様子がわかります。

動画ダウンロード再生

 
11_4_3

「脳動脈瘤の血管内治療」脳動脈瘤(血管のコブ)にコイルという器具を挿入し血流を遮断することで,破裂する可能性を非常に低くすることが出来ます。

動画ダウンロード再生

11_4_4

「腸骨動脈ステント治療」左(画面では右)の腸骨動脈が狭くなっているところにステントという器具を挿入し広げています。 1.つまって細くなっています。 2.ステントを挿入すると血管が広がり血液(黒い部分)がスムーズに流れています。 3.1と2の拡大した画像です。

動画ダウンロード再生

11_4_5

「肝臓がんの治療」がん細胞に栄養している血管を詰めることでがん細胞を死滅させる事が出来ます。

動画ダウンロード再生

wmp 動画をご覧になるには、Windows Media Player が必要です。
ダウンロードページはこちら。

 

 

 PAGE TOP

社会医療法人医真会グループ
 〒581-0036 大阪府八尾市沼1丁目41番地
 電話 072-948-2500(代)

 

 

© 2018 Ishinkai Group. All rights reserved.