心臓血管造影

心臓専用バイプレーンフラットパネル搭載型血管造影装置

 心臓専用のフラットパネル搭載型血管撮影装置です。

 バイプレーンとは画像でもおわかりと思いますが,エックス線がでる部分と受けて画像にする部分(フラットパネル)がそれぞれ2つずつ取り付けられています。

 これにより同時に2方向からの撮影が出来るため検査・治療時間の短縮や造影剤量を減らすことが出来ます。

 

11_2_1

 

急性心筋梗塞など動脈硬化などで詰まったり狭くなった血管をステントという器具を挿入し広げています。

  1. 左の冠動脈が詰まっている画像(画像の上の部分です)
  2. ガイドワイヤーを通しステントを一番狭い部分へ誘導し風船を使ってふくらませ血管を広げています。
  3. 造影するとほぼ完全に広がった血管が写っています。

以上が連続で再生されます。

 

11_2_2

冠動脈のステント治療

動画ダウンロード再生

wmp 動画をご覧になるには、Windows Media Player が必要です。
ダウンロードページはこちら。

 

 

 PAGE TOP

社会医療法人医真会グループ
 〒581-0036 大阪府八尾市沼1丁目41番地
 電話 072-948-2500(代)

 

 

© 2018 Ishinkai Group. All rights reserved.