人間ドックについて

topimg_dock_02

 

 当院の人間ドックについてご理解いただくことを目的として「上手な人間ドック活用法」をご提案いたします。

 まず、健康管理データは一元管理が基本と考えています。人間ドックで最も重要なポイントの一つは、データをどう扱うかという点です。つまり、健康管理のためには、一つの場所にデータを集約することで大きな威力を発揮します。もっとも好ましい形は、かかりつけ医への情報提供と考えます。当院の人間ドックは、病診連携システムと連動しておりますので、全身を見渡せ、かつ、高度な検査レベルによる豊富な資料をいつでも提供できる形となっています。もし、かかりつけ医がいない場合は、当センターが健康サポートの窓口としてご利用が可能です。

 

一人一人のお体は、当然異なります。レポートだけでなく、かかりつけ医の診療をふまえた上でのサポート体制をとっております。かかりつけ医がおられない場合は、ドック医師が健康相談の役割を果たします(ドック受診いただくと、自動的に会員となり、無償でサービスを受けていただけます)。この3つの基本システムを元に以下の上手なドックの受け方について述べていきます。

1. 今後の健康管理にご利用できます
  ・・・成績表として充分に活用しよう

 ドックは、いわばお体の成績表です。病気の早期発見、早期治療も大切な目的ですが、この成績表を活用すれば、日頃の疾患管理にいかせるだけでなく、より健康になっていただくことに役立ちます。

 一例として血圧脈波検査をご紹介します。

 血圧脈波は、動脈硬化を見ることが出来る検査です。動脈硬化を進めるのは、年齢・体質・たばこ・糖尿病・睡眠時無呼吸症候群・運動不足・ストレスです。この動脈硬化は、3大疾病(癌・脳卒中・心疾患)のうち、癌を除く全ての病気の元になる「黒幕」です。つまり動脈硬化の状態を知ることにより、こうした病気のリスクを知るだけでなく、毎年受ければ、健康管理のバロメーターとなる便利なものです。当院ではドックすべてのコースにセットし、ご提供いたしております。

2. 無料の健康相談をご活用ください

 ドックの結果は、疾患についてかかりつけの先生と連携し、ドック結果の情報提供を行い、健康寿命の延長を目指した健康相談をさせていただいております。

 検査内容全般についての説明、今後の健康戦略、次回に推奨されるドックコース等、一人一人のお体についての傾向と対策を充分な時間をかけてお話しさせていただきます(相談料はドック料金に含みますので、無償でお受けいただけます)。

3. 継続したドック受診が有用です

 毎年のデータがあると線として繋がります。それぞれの病気のリスクの流れもわかり、毎年の健康管理の評価ができます。

 年々、より細かな検査を組み合わせ、合理的で高度な健康管理が可能となります。当院のデータ以外でも充分に活用可能です。

お問合せ

健康管理センター

icon-phone専用電話 072-948-5352(FAX共通)

受付時間(日曜祝日除く)

 9:00~17:00(月~金)

 9:00~16:30(土)

 

 

 PAGE TOP

社会医療法人医真会グループ
 〒581-0036 大阪府八尾市沼1丁目41番地
 電話 072-948-2500(代)

 

 

© 2017 Ishinkai Group. All rights reserved.