潜在ナース支援プログラム

潜在看護師 復職支援プログラム規定

return1 潜在看護師は、諸般事情(子育てや介護などの家庭事情等)理由で離職し、そのブランクが長い場合、再就職する際に不安が伴う。過去の経験年数・経験した看護領域や施設の種類など様々に復職時の臨床実践能力や背景は異なる。したがって、当該看護師の背景や不安・技術力に関する情報を把握し、臨床現場へスムーズに適応していけるよう支援を行う。

目的

 当院へ再就職をした潜在看護師に対して、知識・技術などの再習得教育をはじめ、安心して臨床現場に適応できるよう支援を行う。

目標

  1. 病院・看護部の概要が理解できる。
  2. 病院・看護部の理念・基本方針が理解できる。
  3. 病院・所属部署の環境に適応し、チームの一員としての自覚がもてる。
  4. スタッフや管理者に気兼ねなく業務の確認や質問ができる。
  5. 業務を安全に正確に遂行できる。

対象

潜在看護師

潜在看護師に相当する者

  1. ブランク期間が1年以上あり、現場への復帰に対して強い不安がある。
  2. 当院とは異なる施設機能での勤務経験しかない(例:精神科・小児科・産科・老健・施設等)

支援プログラム内容

1. 入職は、新人看護職員の入職日(4月1日)と同日とする
2. 新人看護職員と同じ研修を受講しながら看護技術・業務指導を配属部署で受ける
3. 所属部署でのサポート者を決める

 

  1. 所属部署科長あるいは所属部署主任により、指名を受けて決定する。
  2. サポート者を選ぶ際の条件(以下の条件を考慮して決める)
    • 実務経験年数が4年以上あることが好ましい。当該部署経験は原則1年以上の臨床実践能力がある者。
    • 技術・知識・人間関係・接遇など、良い役割モデルになることができる者。
    • 入職者の立場や思いを理解し、良き相談相手となることができる者。
  3. サポート者の役割
    • 所属部署での必要な看護技術、業務上必要な知識や技術の指導と進捗状況、実施の確認。
    • 精神面のフォローを中心に行う。(適応への支援に向けて、意図的に声かけを行う)
    • 技術指導や技術の手順確認等は、サポート者が一人で行うわけではなく、スタッフが皆で関わる。
  4. 1年間を必須サポート期間とする。
4. 「新人チェックリスト」= 看護技術チェックリストを用いて技術習得を確認する
※シートの具体的使用方法は、オリエンテーションにて説明する
※書き方見本と注意事項を参照
return2

 

使用目的

  1. 技術確認や今後の課題を明確にする。
  2. 「自信がない技術」等、本人が伝えにくい技術について明確にし、誤解を招くリスクを下げる。
5. 「看護業務チェックリスト」は、新人と同じものを使用する

 

使用目的

  1. 看護業務の理解・実施等の自立状況を確認する資料とする。
  2. 未習得の業務・理解できていない業務を明確にする。
6. 新人看護職員研修への参加

 

  1. 新人看護職員研修の内容を確認し、所属部署科長・主任と相談してのち参加希望を伝える。
  2. 所属部署科長もしくは主任が、新人教育担当者に連絡をして受講を申し込む。
  3. 承諾を受けた後は、疾病や業務等のやむを得ない事情でない限り受講キャンセルはできない。
  4. 感想や学びに関する研修報告書、アンケート、事前学習課題がある場合は新人と同様に実施する。
7. return3日勤一人立ちについて

 

  1. 技術、業務等の進捗を配属部署科長・主任が確認し、少しずつ患者を受け持つ範囲を広げる。
  2. 当該看護師を一人きりで「フリー業務」をさせることがないように部署科長・主任は留意する。
8. 夜勤研修の参加

 

  1. 新人同様に夜勤研修に参加できる。
  2. 夏季に実施する新人の「夜勤導入時研修」に出席して詳細を把握する。
  3. 夜勤開始時期については、配属部署科長と相談の後、決定する。
  4. 新人が夜勤開始になる時期よりも遅くならないように計画する。

 

 

 PAGE TOP

社会医療法人医真会グループ
 〒581-0036 大阪府八尾市沼1丁目41番地
 電話 072-948-2500(代)

 

 

© 2018 Ishinkai Group. All rights reserved.