研修・研究・スタッフメッセージ

研修体制

勉強会

  1. リハビリテーション部門勉強会
    • 各科症例検討会(PT、OT、ST)
    • 実技練習(介助技術・ AKA実技練習会)
  2. 総合病院勉強会
    • 呼吸循環勉強会
    • 整形外科勉強会(膝関節・手指など)
  3. 八尾リハビリテーション病院勉強会
    • 転倒転落防止勉強会(病棟と共同での開催)
  4. 介護老人保健施設あおぞら勉強会
    • 定期勉強会(嚥下・姿勢・口腔ケアなど)
    • あおぞら勉強会(月1回テーマを決めて実施)
  5. 人材育成委員会 勉強会

新人研修会 (充実した卒後教育体制で、入職後の不安をサポートします)

 新人・2年目を対象に実施 (4~8月)

バイザー制度 (自信を持ってリハビリを進めていけるようサポートします)

 入職後、半年程度を目安に、各新人に担当バイザーを配置

施設間見学(急性期・回復期・維持期、すべてを経験できる機会を設けています)

 各施設の特色を理解し、セラピストとしての思考の幅を広げる目的で各スタッフ年に3回実施

サポーター制度

 先輩スタッフとペアになり、仕事や仕事以外のことなどなんでも気軽に話ができるサポート制度

研究活動

 日本理学療法士学会、大阪府作業療法士学会、日本言語聴覚士協会、日本医療バランスト・スコアカード研究学会、日本病院学会など、多数 研究発表しています。

スタッフからのメッセージ

理学療法科

理学療法科 北川 拓弥

  理学療法科 北川 拓弥

 入職当初は職場に馴染めるか、コミュニケーションがうまく取れるかなど多くの不安がありました。しかし、先輩方は明るく話しやすい雰囲気だったので、すぐに馴染むことができました。様々なアドバイスを頂き、少しずつですが、日々成長できていると思います。
 急性期病院のため、術後の方を担当する際は医師や看護師など他職種との密な連携がとても大切です。その連携を基に質の良いリハビリを提供し、早期に退院できるように努めています。

作業療法科

作業療法科 森 早香

  作業療法科 森 早香

 入職当初はリハビリテーション病院に勤務し、現在は総合病院で勤務しています。職場のイメージとしては、何事もスタッフ間で相談しやすく、勉強会も積極的に行っており、明るく活気ある職場だと感じます。
 臨床では、ハンドや骨折後などの整形疾患や脳疾患など幅広く介入しています。その中でも術後の整形疾患の方に対し、特にトイレ動作に関わることが多く、患者さんの希望もよく聞かれます。獲得に向け、治療訓練と並行してスタッフ間で連携し、進めています。
 一人ひとりの患者さんの変化や思いに共感しながら、やりがいのある仕事だと感じています。

言語療法科

言語療法科 和久田 優美

 言語療法科 和久田 優美

 小児から成人まで様々な方のリハビリを実施しています。小児では、子どもの成長を感じ、ご両親とともに喜ぶことが出来ます。成人では、摂食嚥下障害や高次脳機能障害等、幅広い分野にPT・OTと協力し評価・訓練に取り組んでいます。
 入社当初は分からない事が多く、不安でいっぱいでした。しかし、先輩方は些細なことでも時間を作り、一緒に悩み考えて下さります。
 患者さんにとって、何が必要かを考えることの大切さを、日々実感することが出来ます。

 

 

【出身校一覧】
・藍野大学 ・大阪医専 ・大阪医療技術学園専門学校 ・大阪医療福祉専門学校 ・大阪府立看護大学 ・大阪府立大学 ・大阪保健医療大学 ・大阪行岡医療大学 ・大阪リハビリテーション専門学校  ・関西医科専門学校 ・関西医療技術専門学校 ・関西学研医療福祉学院 ・関西総合リハビリテーション専門学校 ・神戸学院大学 ・神戸総合医療専門学校 ・畿央大学 ・近畿中央胸部疾患センター付属リハビリテーション学院 ・甲南女子大学 ・国立療養所近畿中央病院附属リハビリテーション学院 ・四条畷学園大学 ・清恵会第二医療専門学院 ・東北文化学園大学 ・名古屋文化学園医療福祉専門学校 ・白鳳女子短期大学 ・阪奈中央リハビリテーション専門学校 ・姫路独協大学 ・箕面学園福祉保育専門学校 ・森ノ宮医療大学 (五十音順)

 

 

 PAGE TOP

社会医療法人医真会グループ
 〒581-0036 大阪府八尾市沼1丁目41番地
 電話 072-948-2500(代)

 

 

© 2017 Ishinkai Group. All rights reserved.