アクセス お問い合わせ サイトマップ HOME
医真会八尾リハビリテーション病院
 HOME > リハビリテーション > 八尾総合病院(外来リハビリ案内)
 
外来リハビリ案内
 当部門は医師の処方の下、急性期よりリハビリを実施しています。退院後も外来にてリハビリを受けることが可能です。
※しかし、法律(平成18年4月での医療制度改正)により、実施期限(上限日)が定められています。
< リハビリテーション実施期限 >
 発症・手術・急性増悪してから
○ 脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など)・・・・・・180日
○ 運動器疾患(骨折など)・・・・・・・・・・・・・・・・150日
○ 呼吸器疾患(肺炎など)・・・・・・・・・・・・・・・・・90日  

当部門でのリハビリを希望される方は、 まずは医真会総合クリニックスで医師の診察を受けて下さい。

 当部門の外来は、「予約制」であり、原則として「担当制」となっています。個々に応じた治療プログラムを 立案し実施しています。ご都合で予約日や予約時間を変更・キャンセルされる方は、下記の電話番号まで ご連絡下さい。


小児言語療法のご案内

〜 みんなの笑顔を応援します 〜

 子どものことば相談室では、子どもの発音の問題やことばの発達の問題について相談を受け診療や言語聴覚士による訓練を行います。
 子どもの発達面、情緒面、行動面における問題や、養育者の育児不安、親子関係の問題についての相談も行っています。
 また、必要に応じて保育所、幼稚園、学校、行政窓口などの関係機関とも連携し、お子さんが過ごしやすい環境作りのお手伝いをします。

 日時:毎週 月曜日・水曜日 14時〜16時
 対象:小学6年生まで(相談内容により考慮いたします。お気軽にご相談ください。)

▼ご予約・ご相談はこちら 
医真会八尾総合病院 言語療法科 
Tel(072)948-2500 
子どものことば相談室【専門家向け】 


子どものことばの障害

ことばが遅い・・・
 ことばの遅れだけでなく、運動能力や理解力、人とのやりとりなどの発達に問題を抱えている場合もことばの発達にも影響を及ぼします。
発音がおかしい・・・・
 口蓋裂(こうがいれつ)など、生まれつきの問題を抱えている場合、発音が上手くできないことがあります。
 また、口や舌に問題が無い場合も、発達の過程で発音が上手くできないことがあります。
友達とうまくコミュニケーションが取れない・・・
 人とコミュニケーションが取れない場合、社会性やことばの発達の遅れが原因となっている事があります。
算数や国語など、著しく苦手な教科がある・・・
 理解力に偏りがある場合、他の教科に比べてある一定の教科や分野だけが理解できないという事があります。
ことばがどもる、繰り返す・・・
 ことばが詰まる・繰り返すなどして、うまく話せない場合、原因は単なる癖や気持ちの問題ではありません。その原因は体質・環境と様々です。また、74%が消失するとも言われていますが、残存する場合には、周囲の理解と環境の調整・こころのケアなどが必要です。

 当科では、上記のような発達や発音に問題を抱えているお子さんに対し、発達検査を実施し、それぞれのお子さんの発達に合わせた訓練を行います。
 評価・訓練を受けるためには、医師の診察および処方箋が必要ですので、総合クリニックス小児科を受診して頂くか、総合病院言語療法科にご連絡ください。
ご不明な点はぜひお気軽にお問い合わせください。

医真会八尾総合病院 言語療法科
Tel(072)948-2500

   
 社会医療法人医真会グループ
 〒581-0036 大阪府八尾市沼1丁目41番地  電話 TEL.072-948-2500(代)