アクセス お問い合わせ サイトマップ HOME
医真会八尾総合病院
HOME > 医真会グループ > 医真会八尾総合病院 > 診療科のご案内 > 循環器内科
   
  施設概要・基本方針
フロアのご案内
外来診療表 医療安全管理室
入院のご案内
病院指標
病院実績PR
開放型病院
診療科・各部署のご案内
循環器内科
診療科紹介
当院心臓センター内科では、心臓、大血管、高血圧などの循環器疾患の急性期診断と集中治療から、社会復帰に至るまでの慢性期ケアを行っています。
外来では、心電図や心エコーなどの一般的な検査により総合診断を行い、高血圧や高脂血症の治療や禁煙指導を通じて心臓血管病の予防に力を注ぎます。さらに精密検査を要する場合は、入院の上心臓カテーテルを実施しています。

狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患は癌・脳血管障害と並んで日本人の3大死亡原因の一つです。近年、治療器具や術者の技術の進歩によりカテーテル治療の成績は着実に改善し、ほとんどの虚血性心疾患は初期成功が得られるようになりました。当院は、一部の施設にしか使用が認められていないロータブレ−タの認定施設であり、またカテーテル治療5000例以上の実績を持つ指導医を有し、経験豊富なコメディカル・スタッフとともに最高レベルのカテーテル治療を提供致します。

2004年8月から日本にも導入された薬剤溶出性ステントを用いることで、従来20〜40%であった再発率も5%程度に大幅に減少し、当院でも積極的に使用し治療効果を高めています。脈が遅くなる徐脈性不整脈に対してはペースメーカ植え込みを行い失神発作などを防ぎます。

一方、脈の速くなる頻脈性不整脈のうちWPW症候群や発作性上室性頻拍などではQOLや年齢に応じてカテーテルアブレーションを行い根治を目指します。 また、突然死につながる様な危険な不整脈に対しては有効性が報告されているアミオダロンなどの薬剤を積極的に使用するとともに植え込み型除細動器の適応を判断し心臓突然死の予防に努めます。当センターでは、心臓外科との緊密なチームワークをとっており、虚血性心疾患のうちカテーテル治療が困難な一部の症例や、大動脈瘤・弁膜症など外科手術が第一選択となる疾患では、当センターで外科手術を受けることが出来ます。
   
外来診療
 
 
診療時間
一般外来
午前診
午後診
 
※診療時間等の詳細は医真会総合クリニックス外来診察表にてご確認下さい
   
スタッフ
 
医師名
認定資格
専門分野

部長
田中 省三
日本心血管インターベーション学会指導医
日本内科学会認定医
日本循環器病学会認定医
日本心臓病学会認定医
循環器内科
心血管カテーテル検査/治療

医長
清水 成人
日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医
循環器内科
   
 社会医療法人医真会グループ
 〒581-0036 大阪府八尾市沼1丁目41番地 電話 TEL.072-948-2500(代)