アクセス お問い合わせ サイトマップ HOME
地域交流委員会
HOME > 各委員会の活動 > 地域交流委員会
   
    地域交流委員会  
目的
 医真会グループの活動を地域の人々により身近に知ってもらうため、地域の人々に自ら参加していただけるイベントを企画・運営する。
 
活動
  • ふれあい祭り(9月中旬)
    八尾・中河内地区の伝統的な河内音頭を筆頭に、屋台や抽選会などの企画で地域の方々との交流を図る。

  • もちつき大会(12月中旬)
    地域の方々・来院された方につきたてのおもちを振舞う。

  • 健康祭(5月中旬)
    地域の方々にご自身の健康管理や病気について考えていただくきっかけになることを目指して、参加型の教育セミナー、娯楽的な内容を盛り込んだイベントを開催する。
 
活動報告
 
「Take ABI in 柏原 2014」
 2014年1月26日(日)柏原市民プラザ6Fにおきまして「Take ABI in 柏原 2014」と題しまして市民健康講座を開催いたしました。
 題名にある「Take ABI」ですが「ABI」という「腕と足の血圧の差から脳梗塞や心筋梗塞の危険度を測る」検査を実施いたしました。100名を超える方々に検査を受けていただき、検査後は医師や看護師、臨床検査技師から検査結果について説明を受けていただきました。

(ABI検査の様子)

(結果説明の様子)
 
 14:00からは「動脈硬化と血管の病気」をテーマに奈良県立医科大学放射線医学教室 吉川公彦 教授にお越しいただき検査から最新の治療法についてユーモアを交えた大変わかりやすいお話を行っていただきました。
 また当法人からも医真会八尾総合病院 黒川 真臣 副院長兼脳神経センター・脳神経外科部長から「脳の血管と首の血管の病気について-脳梗塞について-」、高山 勝年 脳神経センター・脳血管内治療科部長からは「脳・首・足の血管の病気に対するからだにやさしい治療法について」講演をいただきました。
 当日、ご聴講いただいた参加者の皆さんから活発なご質問を頂戴いたしました。
 地域交流委員会では今後も地域の皆さんの健康増進の為の一助となれるよう、この活動を続けていきたいと考えております。

「動脈硬化と血管の病気 ―検査から最新治療まで―」
奈良県立医科大学
放射線医学教室
吉川公彦 教授

「脳の血管と首の血管の病気 ―脳梗塞について―」
医真会八尾総合病院 副院長兼脳神経センター脳神経外科部長 黒川真臣

「脳・首・足の血管の病気に対するからだにやさしい治療法について」
医真会八尾総合病院 脳神経センター脳血管内治療科部長 高山勝年
 
 
もちつき
 平成26年12月20日(土)、あやめ会の指導の下、医真会八尾総合病院 正面玄関前で「餅つき」を開催しました。天気予報では雨の予報でテントを用意しましたが終盤までは雨に降られることもなく、多くの方にご参加いただきました。
 この「餅つき」はもち米を蒸篭(セイロ)で蒸して、杵と臼でつきあげる本格的なもので今では見かけることも少なくなりました。かなりの手間がかかりますが、蒸したて・つきたてのお餅の味はなんとも言えません。
 また、医真会職員も職種を超えて参加しており、地域の皆さんとふれあうよい機会となっております。
 近隣の皆さんの他、患者さんやお見舞の方など多くの方にご参加いただき、盛況のまま無事に終えることができました。
 来年も開催を予定していますので、ぜひご参加下さい。
 
健康祭
 「健康祭」を平成26年5月17日(土)医真会総合クリニックス4F研修室/3Fかわちホールで行いました。
 4F研修室での講演では八尾リハビリテーション病院 作業療法科 濱田 拓也さんから「健康づくりのために」をテーマに講演をいただきました。この講演で「ロコモティブシンドローム」について説明をいただき、また「ロコモティブシンドローム」予防のために自分の足を使って歩くことの重要性と毎日続けることの重要性を説明いただきました。
 講演の後は毎日続けていただける運動として八尾市が作成した「河内音頭体操」を八尾市地域包括支援センターあおぞらのスタッフより皆さんに説明をしました。少し複雑にも思えますが皆さんになじみのある河内音頭の動きを多く取り入れているため楽しく参加していただくことができました。
 続いて3Fかわちホールでは従来行ってきた体力測定や血糖測定に加えて「漢字テスト」「心理テスト」など新しい試みも行いました。
 参加していただいた皆さんはもちろんのこと、今年医真会に入職した職員が「健康祭」スタッフとして多く参加しており、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 
 
ふれあい祭り
 「ふれあい祭り」を平成26年9月13日(土)医真会八尾総合病院駐車場で行いました。
 櫓(やぐら)を据えた会場では、河内音頭 国分家竹春師匠御一門の音頭で、「八尾地区最後の盆踊り」を楽しみました。
 今年はお忙しい公務の合間をぬって、田中誠太八尾市長も応援に駆け付けて下さいました。
 例年よりも早く深まる秋の気配の中、夏の終わりを惜しむように多くの方が艶(あで)やかな浴衣姿で踊りの連に加わっていただきたいへん盛り上がりました。
 国分家竹春師匠の江州音頭と河内音頭の艶のある調(しらべ)をはじめ、ご一門の軽快な音頭に皆さん聞きほれておられました。
 また、職員の出店や抽選会も好評で、地域の多くの方々のご参加を頂きました。
 来年も開催を予定しておりますので、ぜひご参加ください。
 
 社会医療法人医真会グループ
 〒581-0036 大阪府八尾市沼1丁目41番地  電話 TEL.072-948-2500(代)